【コツ】TOPIKテストのための10個のヒント

TOPIKテストの受験が近いですか?

ストレスがあると思います。何をどのように勉強するかを決めるのは大変ですね。
ここでは、TOPIKテストの勉強方法と準備方法に関する10のテストと試験のヒントをご紹介します。

1.自己学習はTOPIKの成功の鍵

本当にうまく自己学習しない限り、ガイドブックや教師はあなたの合格を保証しません。過去のTOPIKの論文と解答用紙をすべて読んで、質問パターンを分析し、語彙と文法リストを準備し、勉強を始めましょう。

質問パターン分析を行い、あなた自身のすべての学習資料を整理しましょう。

2.過去のTOPIK論文のダウンロード

TOPIKの勉強を始めるための第一歩は、聞き取りオーディオファイルを含む過去のTOPIK論文(少なくとも最後の5セット)をダウンロードすることです。文法や語彙の弱点についてメモをとりながら練習するだけでいいです。 TOPIK模擬試験をオンラインで練習することもできます。

3.論文を分析する

論文を分析し、異なるセクションの質問パターンを理解しましょう。 TOPIKテストパターンを理解してください。それは準備の最も重要な部分です。

4.テスト構造を深く理解する

スキル、難しい韓国語の文法パターンの理解をどこでどのようにテストしようとしているのか、どんな種類の語彙や文法パターンを何度も繰り返しているかなどを知りましょう。

5.TOPIK論文を解決する

TOPIK論文のセットをとり、研究しましょう。1つのセクションに対して正確に90分間アラームを設定します。リーディング、リスニング、ライティングのすべてのセクションを解説します。いくつかの質問を理解して解決できないときには、あきらめないでください。辛抱強く紙を解決し続けましょう。

6.自分の弱点を見つける

自分の答えを確認してください。 10%の回答しか得られなくても落ち込んではいけません。あなたが知っていた文法パターンのリストを分析し、どのような種類の語彙(動詞、副詞、パーティクルなど)を作業する必要があるのか​​を書き留めます。

自宅でいくつかの模擬TOPIKテストを受けると、試験場でリラックスできます。

7.Never PauseまたはRepeatオーディオを聞く

ダイアログを理解していないときに、オーディオを一時停止したり、巻き戻したりするようにするかもしれませんが決してそれをしないでください。質問に答えるための最良の推測をしてください。

8.文法パターンと語彙のリストを作成する

理解できなかった文法パターンや語彙のリストを作成しましょう。
しばらくしてから忘れるかもしれません。

以上です。