【基礎】ハングルを使って読む方法を学ぼう

初めて韓国語を学ぶ上で最も重要なことはアルファベットを学ぶことです。

たとえ文法や語彙を全く勉強しなくても、アルファベットを学ぶことは韓国語学習には不可欠です。



文字

ハングルには合計24の基本的な文字(英字より少ない)があります。
24の基本的な文字は結合して合計40文字(日本語よりも少ない)を形成することができます。
ハングルは子音と母音(英語など)で構成されています。
ハングルはアルファベットであるため、アルファベット順に表示されます。

音節

子音と母音は、音節ブロック(ブロックあたり最大3〜4文字)に配置されます。
音節ブロックは単語とスペースを結んで並んでいます。
すべての音節ブロックは子音で始まります。
空の子音ㅇは、母音で始まる単語に使われます。

発音

音節ブロックの最後の子音は、「パッチム」と呼ばれます。
背音の音は次の音節IFに引き継がれ、次の音節は母音(空子音ㅇ)で始まります。

書き方

ハングルは左→右、上→下から書かれています。日本語と同じですね。
垂直母音は子音の右に移動します。 横母音は子音の下にあります。

アルファベット

基本的な子音(14):ㄱㄴㄷㄹㅁㅂㅅㅇㅈㅊㅋㅌㅍㅎ
基本母音(10):ㅏㅑㅓㅕㅛㅜㅠㅡㅣ
ダブル子音(5):ㄲㄸㅃㅆ
二重母音(11):ㅐㅔㅒㅖㅘㅙㅞㅚㅟㅢ
合計(40):基本文字(24)+ダブル文字(16)

1時間でハングルが読めるようになる本

けっこうお勧めです。

内容紹介

本当に、短時間でハングルが読めるようになるんです!
シリーズ累計25万部突破の大人気韓国語学習書、最初の一歩の大ベストセラー! !
※2017年3月時点

1)ハングル学習の入門書として最適!
韓国語をマスターするための最初の一冊となります。会話や文法などの基礎となる文字の学習をこの本で簡単にできます。

2)ハングルの形からカマやナスなど具体的な形を連想!
記号にしか見えなかったハングルが、似た形のモノを連想することで一気に覚えられます。これぞ独自の「ヒチョル式」なのです。

3)オールカラーで、写真やイラストがいっぱい!
覚えたら覚えたぶんだけそれを実感することができるよう、数多くの実際の看板などを掲載しました。旅行で見かける看板や標識、ドラマに登場する文字などが読めるようになります。

4)とにかく肩の力を抜いて、気楽に読むだけ!
ハングル文字も覚えやすい順に学習していけるように工夫しました。「ヒチョル式」連想法なので、読み進めていくだけで頭に入っていくように構成してあります。

それでは!

関連商品