【文法】 단어 사동 (~이/히/리/기/우/추~) 使役法「~させる」

단어 사동 (~이/히/리/기/우/추~):

主題者は自分の意志で行動するのではなく、誰か他の人がそれらを引き起こす
「誰かが何かをやるようにする/許可する/引き起こす」と同等の意味です。



使用法:

これらの動詞は記憶されなければならない
受動動詞と使役動詞は同じです – 使い方を分けて伝えることができます
最も一般的な同一の受動動詞と因果動詞のいくつかは次のとおりです。
보다: 보이다
듣다: 들리다
읽다: 읽히다
씻다: 씻기다
~아/어 주다を追加することで何かを起こす。

自制:

名詞2이/가 名詞1을/를 動詞 + ~이/히/리/기/우/추~
名詞2이/가 名詞1을/를 形容詞 + ~이/히/리/기/우/추~
名詞3이/가 名詞1에게 名詞2을/를 動詞 + ~이/히/리/기/우/추~

例文

먹이다 (餌づける): 엄마가 제나가 육개월이되었을 때 이유식을 먹였어요.
6月が訪れたとき、母はジェナベビーフードを食べ始めました。
죽이다 (殺す): 이삭이가 바퀴벌레를 죽였다.
アイザックはゴキブリを殺した。
보이다 (見せる): 이삭이가 말을 잘 들으면 아이패드를 보여줘요.
アイザックがちゃんときけば、私たちは彼にiPadを見せる。
속이다 (騙す): 하지만 가끔 이삭이가 아빠 엄마를 속여요.
しかし、時々彼は母と乳を騙します。
끓이다 (茹でる): 집에 돌아가자마자 배고프면 엄마가 라면을 끓여요.
私が家に帰るとすぐに空腹になったので、母はラーメンを作り始めた。

気になったTOPIKの本はこれ

是非チェックしてみてください。

それでは!

関連商品