【文法】~던데요 “実際そうでもない” もしくは “驚くことに”

~던데요:

  • 誰かが言ったことと矛盾するものを言う OR
  • 過去の状況や出来事で急な驚き
  • 実際そうでもない” もしくは “驚くことに

使用法

  • 結合→ ~더~ (思い出) + ~(으)ㄴ데요 (矛盾、驚き、背景情報)
  • 過去が現在と矛盾していることを示すために中間の文章で使用できます (~던데…)
  • 過去形: ~았/었던데요

自制:

形容詞・副詞:

  • 과거: ~았/었던데요
  • 현재: ~던데요

N이다:

  • 과거: 였/이었던데요
  • 현재: (이)던데요

例文:

  • 動詞: 과거: 사무실에 한 교수님이 휴일때마다 락밴드 티셔츠와 반바지를 입었던데요.
    オフィスでは、意外なことに、教授の一人が、ロックバンドのTシャツとショートパンツを身に着けていつも来る。
  • 名詞: 과거: 일이년 전에 우리 학교에서 런닝맨 방송팀이 왔서 방송을 했던데요.
    1〜2年前、放送チームが実際に私たちの学校に来て、番組を放送しました。
  • 動詞: 현재: 이 번 학기에 학생들 설문조사를 필요할없던데요.
    実際に今学期に調査をする必要はありません。
  • 名詞: 현재: 학교 근처에 새 건물이 많이 생기던데요.
    学校周辺では、意外にも多くの建物が現れました。
  • 名詞:현재: 학생들이 많이 읽는 신문이 학교신문이던데 재미있나봐요.
    驚いたことに学校の新聞にに読者は興味深いようです。

気になったTOPIKの本はこれ

是非チェックしてみてください。

それでは!