【文法】-(으)니까 ~(す)るから、~(だ)から〈理由〉





-(으)니까 ~(す)るから、~(だ)から〈理由〉

話し手の強い意志を表しながら、理由を述べる表現。
「-(으)니까 -(으)세요. ~だから~(し)てください。」とか「-(으)니까 -(으)ㅂ시다. ~だから~(し)ましょう。」など、後ろが命令形や勧誘形のときによく使われる。

【 用言の語幹末にパッチム無 】 → 니까

・사랑하(다) 愛している + 니까 → 사랑하니까 愛しているから

사랑하니까 결혼해 주세요. 愛しているから結婚してください。

【 用言の語幹末にパッチム有 】 → 으니까

・많(다) 多い + 으니까 → 많으니까 多いから

차가 많으니까 지하철로 갑시다. 車が多いから地下鉄で行きましょう。

【 用言の語幹末にㄹパッチム 】 → 니까(ㄹは落ちる)

・울(다) 泣く + 니까 → 우니까 泣くから

아이가 우니까 싸우지 마세요. 子供が泣くからけんかしないでください。 (싸우다 けんかする、 -지 마세요 ~(し)ないでください)

※ㅂ変則用言の場合は、「ㅂ」が落ちて「우니까」がつく。

・가깝(다) 近い + 우니까 → 가까우니까 近いから

※ㄷ変則用言の場合は、「ㄷ」が「ㄹ」に変わり「으니까」がつく。

・듣(다) 聞く + 으니까 → 들으니까 聞くから

■おなかがすいたから一緒に夕食を食べに行きましょう。(おなかがすく 배가 고프다)
→ 배가 고프니까 같이 저녁을 먹으러 가요.
■寒いから窓を閉めてください。 (寒い 춥다)
→ 추우니까 창문을 좀 닫아 주세요.