【文法】-(으)러 ~(し)に





-(으)러 ~(し)に

後ろに「가다 行く」や「오다 来る」などの動詞とついて、目的を表す。

【 動詞の語幹末がパッチム無 】 → 러

・야구를 보러 잠실 야구장에 가요. 野球を見にチャムシル〔蚕室〕野球場に行きます。

【 動詞の語幹末がパッチム有 】 → 으러(ㄹパッチム以外)

・맛있는 갈비를 먹으러 오세요. おいしいカルビを食べに来てください。

【 動詞の語幹末がㄹパッチム 】 → 러(ㄹは落ちないでそのまま)

・친구 집에 놀러 갔어요. 友だちの家に遊びに行きました。

-거든요. ~なものですから。~なんです(よ)

相手が知らない事実を知らせたり、理由を述べる表現。
また、話の前置きや前提として使われて、聞き手に次の発言を期待させるニュアンスがある。
用言の語幹末のパッチムの有無に関係なくつけることができる。

〈 話の前置き 〉

A:지금 역에 도착했거든요. 今、駅に到着したんですよ。

B:그럼 거기서 잠깐만 기다리세요. では、そこで少しお待ちください。

〈 理由 〉

A:아직도 텔레비전을 봐요? まだテレビを見ているんですか。

B:드라마가 아주 재미있거든요. ドラマがとても面白いものですから。

-게 ~く、~いように、~(す)るように

後ろにくる行為や状態を、より具体的に描写して限定する表現。
用言の語幹末に、パッチムの有無に関係なくそのままつく。

・재미있(다) 面白い

재미있게 읽었어요. 面白く読みました。

・맵(다) 辛い

안 맵게 해 주세요. 辛くしないでください。(←辛くないようにしてください)